人々の活気と人情溢れる商店街。
伝統を、今も、これからも。

八戸駅

自然豊かで郷土色溢れる素敵な街、八戸市。
このページではそんな八戸市の観光名所を紹介致します。

三社大祭 〜八戸の夏の最大のイベント〜

 三社大祭は7月31日〜8月3日にかけて開催される八戸市最大のお祭りです。 7月31日と8月2日の夜の合同運行はライトアップされた山車が夜の街に浮かびます。 8月1日、8月3日は26台以上の山車の合同運行で、お祭りの最大の見所です。
 事の起こりは約280年前に江戸・京都方面から買い入れた人形を台の上に乗せて、掛け声よろしく練り歩いたものとされています。 時代と共に山車も華麗になり続け、現在のような豪華なものへと変ってきました。 太鼓の連打、笛の音、子供たちのかけ声が折り重なってお祭りに拍車をかけます。
 山車の飾りはそれぞれに題材があり、史実、伝説、神話、童話などがシンボルになります。 三社大祭は八戸の夏の最大イベントと言えるでしょう。
(日付は変更になる場合がありますので見る場合は八戸市に確認下さい。)

種差海岸 〜海辺まで芝生の続く海岸〜

 海辺まで天然の芝生が生い茂る数少ない海岸です。 蕪島から南東に12kmほど続く海岸線には、小島や大小様々な岩が続きます。 春から秋頃までは地方独特の海岸植物が多く見られ、散歩コースにも最適な場所です。 海岸内には「音声ガイダンスシステム」も設置されており、景観の解説等を紹介しています。
 種差海岸は夏が来ると、海水浴や釣り、キャンプ場としても利用する事ができ、大勢の人で賑わいます。 海を眺めながら芝生の上で食事等を楽しむ人々もかなり見受けられ、レクリエーションスポットとしても最適な所です。
 種差海岸はJR種差駅から徒歩で5分程度。無料駐車場スペースも有ります。

えんぶり 〜八戸の代表的な民俗芸能〜

 毎年2月17日から4日間、八戸市内とその周辺で行われる、放念祈願のお祭りです。 結婚式等の祝いに舞われる事も多くあり、八戸地方の予祝芸として価値の高い重要なものとされます。
 この頃八戸は雪景色ですが、雪の中にカラフルな烏帽子と華やかな衣裳を纏った舞い手達が、賑やかなステップを踏みながら舞います。 馬の首から頭をイメージした豪華な烏帽子(えぼし)を被った舞手(太夫)が大きく頭を振りながら舞うのが特徴的で、迫力もあります。 煌びやかな音の中、舞いが披露されるのは観光の方にも喜ばれています。
 子供達の舞う「えんこえんこ」というものもあり、可愛らしくて楽しい舞が見れます。

蕪島 〜天然記念物指定のうみねこ繁殖地〜

 蕪島はうみねこの繁殖地としてよく知られていて、国の天然記念物指定も受けています。 毎年2月から7月にかけて3万〜4万羽近くのうみねこが繁殖の為に集まります。 空一面をうみねこが乱舞する様は圧巻の一言。一見の価値アリです。
 写真の鳥居は島の上にある蕪嶋神社のもので、年越しのお参りでは大勢の人達が参列します。
 蕪島まつりは毎年4月の第3日曜日に開催され、こちらも多くの人達で賑わいます。八戸市を代表する祭の一つです。

奥入瀬渓流・十和田湖 〜十和田にある綺麗な湖と渓流です〜

 奥入瀬渓流と十和田湖は、八戸から車で1時間ほどのところにあります。
 奥入瀬渓流は渓流沿いに歩ける散策コースがあり、四季折々に様々に彩られる渓流を楽しめます。 またいくつもの滝があり、その数は小さな滝から大きな滝まで15にものぼります。幅20m、高さ7mの迫力ある滝は必見です。 水量が豊富ですぐそばで眺められるので観光客が絶えません。
 十和田湖は、標高400mの山上にあり2重カルデラ湖になっています。 火山活動によって造られた深い湖です。遊覧船も出ており、湖上をゆったりと巡る事も出来ます。

  • コンフォートホテル八戸
  • (有)サンクドウ
  • ラベージュ
  • 青い森信用金庫八戸駅通支店
  • 岩手銀行八戸駅前支店
  • 高森畳店
  • 八戸駅前郵便局
  • 堀新聞店
  • みちのく銀行八戸駅前支店

青森県八戸市の玄関口。八戸駅前に広がる人情溢れる温かな商店街です。
風土色溢れる美味しい料理が楽しめる飲食店など、様々な店舗が貴方を迎えます。
どこか懐かしい商店街です。